お金を借りる方法 消費者金融や銀行で今すぐお金を借りたいならどこがいい

消費者金融や銀行で今すぐお金を借りたいならどこがいい?〜お金を借りる方法

急にお金が必要になってしまって困った時に、助けてくれるのがキャッシングです。今すぐにお金が借りたい方は、インターネットからの申込みができて最短1時間程度でお金を借りることができるところがよいでしょう。そこまで急いでないという方でも、早くお金が借りられるのならその方が安心ですよね。
来店不要、スピーディーに融資にこぎ着けるおすすめ借り入れ先をご紹介します。

 

@アコム
充実したサービスに、低金利が魅力のアコム
消費者金融キャッシングの中でも超老舗で信頼度の高さで定評があるのがアコムです。審査回答最短30分で即日融資が可能です。平日の14時までに契約をすれば即日お金を指定口座に振り込んでくれるだけでなく、夜になってしまっても自動契約機で申込み手続きが進められるので現金を引き出すことができます。初めて利用する人は、最大30日間無利息サービスが受けられます!低金利でもあるので、魅力たっぷりのアコムです。

 

Aプロミス
申込みから利用開始までがスムーズ・簡単なプロミス
来店不要でインターネットで手続きが進められるWeb契約がおすすめです。最短30分の審査回答とスピード手続きなので、即日融資が可能です。メアド登録とWeb明細利用で30日間無利息サービスを受けられるので利用するとお得!借入利率も4,5%からと低金利なので安心して利用できます。

 

Bモビット
誰にもバレずに利用できるのがモビットの魅力
モビットのWEB完結申込方法を利用すると、電話連絡や郵送物がゼロなので職場の人達や家族にバレる心配がありません。プライバシーが気になる人にはおすすめです。スピード審査なので、短時間で融資をしてもらえる可能性がありますよ!

 

Cオリックス銀行
抜群の安定感の銀行カードローンならオリックス銀行
やっぱり安心して利用できるのが銀行カードローンと考える人も少なくないでしょう。でも消費者金融のようなスペックが欲しいという人におすすめなのがオリックス銀行カードローンです。低金利というメリットだけでなく、利用限度額も大きいのでまとまった額の利用も可能です。

どんな条件でお金を借りたいですか?

お金を借りたい!と思っている方、失敗しないお金の借り方をするためには、まずどんな条件でお金を借りたいのかを考えてみましょう。どんなことを重視してお金を借りたいのかということです。
人によって、重要視するポイントはバラバラでしょう。
ある人は、1分でも早くお金を借りられるところが良いでしょうし、ある人は少しでも金利が低いところで借りたいと考えるでしょう。
重視する点によって、借入先が異なります。
失敗しないお金を借りる方法は、自分に合った借入先を見つけて利用することです。
返済の負担を軽くしたい人は、本来金利を重視しなければいけないですよね?なのに、気が焦って少しでも早くお金を手元に置きたくてスピード重視のところで借りてしまったとします。スピード感重視の借入先の場合には、第一優先がスピード感のために多少金利面が弱くなっているケースがあります。返済の時になって、毎月の返済額に影響してきてしまったことに気付き、「失敗したな・・・」と思ってしまうことが想定できます。
自分はこんな失敗はしない・・・と思った方いますよね?
でもお金がピンチな時、人は動揺してしまったり冷戦な判断ができなくなってしまうものです。慌てて手続きを進めていった結果、気が付けば思っていたところと違うところでお金を借りていた・・・なんてことも少なくないのです。
大切なのは、自分が重視したい点を明確にすること。
その条件を満たしているところでお金を借りることです。

 

金利の低いところで借りたい

この場合には、金利の上限金利を見て比較をしてみましょう。小額の借入れの場合には、上限金利が適用されるケースが多いからです。おおきな額の借入を希望している場合には、金利の誤差が重要になってきます。でも例えば10万円の借入希望の場合にはどうなるのか実際に考えてみましょう。低金利といわれているオリックス銀行カードローンで10万円借りた場合、金利が17.8%だとすると利息は約1,460円となります。一方消費者金融モビットで10万円借りた場合、金利が18%だとすると利息は約1,480円となります。
あれれ?そうです!たったの20円しか変わらないのです。
小額借入の場合には、金利にとらわれなくても良いのかもしれませんね。そうなると、低金利にこだわって銀行カードローンに走らなくても、審査ハードルが低くて迅速に対応してくれる消費者金融キャッシングの方を利用した方が賢い選択になるかもしれませんね。

 

内緒で借入したい

家族や職場の人に絶対にバレることなくお金を借りたいと考えている人って多いと思います。キャッシング会社から送られてくる郵送物には、当然配慮がなされていて、一見キャッシング会社からのものだとわからないような送り名になっています。在籍確認の電話であっても、キャッシング会社名を名乗って電話をすることは決してないのでお金を借りていることを知られることはないでしょう。
それでも、心配になってしまいますよね。
そんな方には、モビットの郵送物や電話連絡なしで利用開始ができるWEB完結申込がおすすめです。郵送物や電話連絡がなければ、家族や職場に気を遣うこともなく利用できるので安心です。

 

時間の余裕がない

即日融資に対応してくれているキャッシング会社では、平日の14時前後までに契約を済ませていれば即時にお金を振り込んでくれるサービスがあります。でも、仕事が忙しい時間で申込みや手続きができない・・・という人は、夜でも利用できる自動契約機でも申込みが便利です。プロミスやアコムでは夜21時や22時までに自動契約機にて契約を済ますことができればその場で現金を引き出すことが可能です。
時間に余裕がないという人でもお金を借りることができます。

お金を借りる方法、必要なことは何?

お金を借りるためには、何をしなければいけないのかを知っておくべきでしょう。初めてお金を借りる人にとっては、心配なことがたくさんあるはず。そこでお金を借りる方法や知っておきたいこと、必要なことなどをまとめてみました。
お金を借りるために必要なものとは、まずは申込書です。申込書に必要事項を入力していく作業をします。自分の個人情報、勤務先について、収入についてなどを入力していきます。自分の勤務先住所等や年収について、すぐにわかるようにしておくと記入がスムーズにいきます。必要書類は申込書だけかというとそうではありません。お金を借りる際には、本人確認書類の提出が必要になります。
本人確認書類といっても、役所にわざわざ行って取ってくるような住民票などが必要になることはありません。運転免許証、健康保険証、パスポートのいずれかで確認してくれます。健康保険証は顔写真がなかったり偽造しやすいということもあって、健康保険証だけでは認められていないキャッシング会社もあるので、事前に確認しておきましょう。外国人の場合は、パスポートだけでなく在留カード、外国人登録証明などの追加書類の提出が必要になります。本人確認書類の提出方法ですが、コピーして郵送するような必要はありません。ウェブ上で申込みをしている場合には、本人確認書類を写メで撮って送るだけです。撮影の際には、本人確認がしっかりと行えるような状態になるようにしましょ う。例えば、指で情報の一部分が隠れてしまっていたり、光が入ってしまって見えない部分があったりすることのないようにしましょう。撮影した写真が不鮮明で確認できなかったとなると、再提出になる可能性があります。そうなると、時間のロスだけでなく無駄に連絡がきて手間になるので不備のないようにこころがけましょう。

 

必要書類を提出した後に、審査が行われます。審査では、申込書に記載されている内容を元に返済能力の有無を問われます。返済できる能力がある場合には審査に通るでしょうし、返済が厳しいと判断された場合には審査に通らないでしょう。審査のハードルを自ら上げない努力をすることも大切です。例えば、借入額についてです。借入額が大きければ大きいほど、審査のハードルは高くなります。つまり、借入額は最低限必要である額にするべきですよね。お金が借りられるのだから・・・と欲と出して必要な額よりも多く借りたいと考えるのは止めましょう。額が大きくなれば、審査のハードルが上がってしまいますよ。
審査のためには、申込書の記入内容にも気を配りましょう。収入を少しでも多くみせたりとウソの記入をしないようにしましょう。審査する側はプロなので、ウソは見抜かれてしまいます。ウソは信頼を失うことになるので、信頼で成り立つお金の貸借りが成立しなくなってしまいます。記入ミスも、印象が悪くなってしまうので気をつけるようにしましょう。

 

初心者でもわかる、お金を借りる基礎知識

お金を借りる時には、必ず利息が発生しますよね。これはどこのキャッシング会社でお金を借りたとしても必ず付いてくるものです。
利息は金利によって金額が決められるのですが、金利というのはお金を貸借りする際に発生する費用のようなものです。お金を借りる時には支払わなければいけないものですが、お金を預ける時には逆に利息を受け取ることができますよね。利息は、お金を借りる時に取られてしまうものという印象がありますが、実は利息を受ける時もあるんです。
金利というのは、借りる額や借りる期間などの条件によってパーセントが決められます。金利が高ければ、借りた額にプラスする額が大きくなるので支払う総額が多くなります。金利が低いと、借りた額にプラスされる額が小さくてすむので支払う総額が少なくなります。
金利とは、一般的には年利とも言われ1年間借りた時にかかる金利のことを意味します。例えば、18%の金利で10万円のお金を借りた場合には、年間18,000円の利息を支払う必要があります。それを毎月で割ると、月々約1,480円の利息を支払うことになります。
金利の計算方法は、
「借入額×金利(0,18など)÷365(日)×1ヶ月(30日)」となります。知っておくと便利ですし、実際の数字をはじくと現実味がわいて返済計画に役立ちますよ。

 

お金を借りるのに、ぼったくられたらどうしよう・・・と不安に思う人もいるかもしれません。でもお金を借りる際の金利は法律によって上限が決められています。そのため、違法に取り立てられるようなことはまずないので安心しましょう。違法な行為を行っている悪徳業者にひっかからないためにも、大手で知名度の高いキャッシング業者を利用することをおすすめします。
また、お金を借りるということはその後に必ず返済をしていかなければいけません。お金を返済する方法はいくつかあるので、自分に合った返済方法を選びましょう。
返済方法は、分割返済、一括返済、リボ返済の3つがあります。分割返済というのは、初めに決めた回数に分けて返済をしていく方法です。自分の返済能力に合わせて回数を選択できるので、毎月の返済負担が少なくてすみます。ただし返済期間が長くなると、支払い総額が大きくなってしまうというデメリットがあります。一括返済は文字の通り、返済期日までに利息分と借りた額を一括で返済する方法です。支払う利息が1回ですむので、支払い総額が少なくてすむというメリットがあります。リボ返済というのは、毎月一定の額で返済していくという返済方法です。決まった額の返済なので、毎月のやりくりが明確になって管理しやすいというメリットがありますが、元金が減るのが遅くなるので支 払う総額が大きくなってしまう可能性があります。
このように返済方法によって特徴があります。メリットとデメリットを踏まえてよく考えて返済計画を立てるようにしましょう。

 

参考:今すぐお金が必要な時※どうしてもお金が欲しい方へ

 

ホーム RSS購読